ペットローンを組みたいけれど年収が低くて審査に通るか不安とか自信がないなどローンを組むのに手をこまねいているという人も多いのではないでしょうか?
ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。
当然、年収は多い方が有利になりますが勤続年数が長い方が審査は有利になりますよ。

⇊以下がおすすめです。⇊
ペットローン審査が通らない時はどうする?【ローンの組み方】

ペットショップのコジマで犬や猫などを購入する際、ペットローンを組むという場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。
コジマと提携している信販会社はセディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。
目的別ローンとは使途が限られている反面、低金利で融資可能なローンのことで代表的なものは、自動車を購入する際のマイカーローンなどがあります。
信販会社のオリコでは多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。
セディナは総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。
ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。
申請するには郵送やインターネットから選べ、ローンの申込書に記入し送付または送信し、手続きを進めます。
申請に必要なものとして、免許書やパスポートといった本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。
他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限がかかっているローンでも収入を証明する書類が必須となってきます。
ペットローンは使途が限られているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。
ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが残念ながら、人間のような医療保険制度が確立されていないのが現状です。
ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。
最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。
又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険は損と感じる人も多いようです。
最近は、転ばぬ先の杖としてペット保険を選択するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。
フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。
どの金融機関でも返済能力がない人には貸せませんから、勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。
また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。
信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。
消費者金融の場合はペットローンという商品はありませんが、プロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。
ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。
金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で審査の厳しさは金利が低くなるほどハードルが上がると言われています。
銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。
一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低いとはいえ、年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのです。
融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスは300万円程度でしかもプロミスには総量規制が適用されるというおまけつきです。
オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。
しかし、オリコにはペットローンはなく、旅行資金や歯の治療などに利用できる多目的プランを利用することになります。
ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常にスピーディなので、その場で審査結果が出て契約することができます。
申し込み条件は満20歳以上、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。
なお、オリコからの借金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。
ペットローンは生き物を購入する際に利用できるローンですが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。
よって、ローン審査を受けて承認されないと家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。
ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。
過去に遅延や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。
その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。
セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。
セディナの総合目的ローンは、大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。
ペットショップから発行された契約書などがあれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。
申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。
融資額は5万円から300万円で、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。
ペットローンを組みたいけれど年収が低くて審査に通るか不安とか自信がないなど最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?
ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。
ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。
もちろん、年収は多い方が有利なことに変わりがありませんが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。
その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?
債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になるのは言うまでもありません。
住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。
ペットローンは銀行や信販会社で取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。
銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますがローン審査の常識として、金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。
ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということで見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。
銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンのようです。

関連記事

    None Found